FX口座はこう使え

今流行の外貨証拠金取引。口座はいろいろな利用価値があります!

HOME > 口座管理

リスク回避には複数口座を

FX口座を開設する時は、システムやチャートなど、使い勝手のよさやシステムのトラブルなどのリスク回避を考え、複数の業者に口座を開設するのが賢い方法だといえます。

例えると、メイン取引口座・情報収集口座・スワップ金利口座、デイトレード用の口座など、用途や取引スタイルによって分けて考えると、よりスムーズにFX取引を進めていくことができそうです。

用途に合わせた会社選び

メイン取引口座には

メイン取引口座選びのポイントは、やはりサポート体制が整っており、かつ取引にかかるトータルコストが安いことではないでしょうか。システムやチャートの見やすさ、取引画面使い安さ、初心者の操作に無理はないかも重要です。しかし最も重要なことは信頼性です。

取引業者を選ぶ際の最も重要なことは、投資家の資産が保全されているかどうかです。
『信託保全』を明記し、どこの信託会社(信託銀行)に預託されているかを開示している会社を選びましょう。
資本金や実績、信託保全が完備されているかどうかなどを確認してから決定するのがよいでしょう。

情報収集口座には

情報収集口座選びのポイントは、投資情報を得るための金融マーケットや外国為替関連ニュース、為替相場分析などの情報を、初心者にもわかりやすく提供している取引会社がよいでしょう。専門家による情報提供量、初心者・中上級者向けの無料講座などの開催頻度などで比較するとスムーズです。

スワップポイント狙いでは

スワップ金利口座のポイントは、やはりスワップ金利の高さは重要。スワップ金利は取引会社によって異なるで有利な会社に口座を開設し、利益を確保できるようにしておきましょう。特に中・長期的に金利を受け取りたい場合は必須といえます。取引したい通貨ペアがあるかどうかも確認しておきましょう。

デイトレード用には

デイトレードは、日に何度も決済を繰り返す必要があります。ですから、デイトレードの取引手数料が無料の会社が必須です。また、資金の入金がリアルタイムで行えるのも重要なポイント。クリック入金サービスがあるかどうかも確認しておきましょう。

クリック入金サービスは、取引画面内や携帯電話にて、業者が提携している金融機関から、24時間、土日祝祭日でも、リアルタイムで振込手数料無料にて入金できるサービスです。

Copyright © 2010 FXで外貨投資|外為業者の比較 All rights reserved