長期投資(ロング)

今流行の外貨証拠金取引。金利差を狙ってリターンを狙え!

HOME > スワップ金利

スワップポイントはFXの醍醐味

FXで利益が得られるのは、為替の変動によって得られる『為替差益』と2種類の通貨を交換するときに生じる金利差『スワップポイント(スワップ金利)』です。外貨預金や外貨MMFでいうところの金利収入です。

スワップ金利を計画的に得ることができれば、為替が急激な円高になっても、為替差損による損失をカバーすることも可能です。スワップ金利を味方につければ、FXで安定的な利益をあげることも不可能ではありません。

スワップ金利は長期投資で狙う

外為投資は、長期で見るとある程度の変動幅がありますので、ポジション保有時はある程度の含み損が発生するかもしれません。しかし、スワップポイントは、金利の高い通貨を買い持ちしていれば、為替の上下に関係なく受け取れる仕組みになっています。 長期スタンスが取れる投資家であれば、外国通貨を買ったまま保有していれば、スワップ金利を受け取れる可能性が高くなります。

長期(ロング)ポジションの損切りについて

長期投資のお約束は日々の為替に一喜一憂しないこと。基本的には損切りを考える必要はありません。特に、一生のお付き合いというように考えているのであればなおのことです。しかし、そうはいっても不安を感じることや出来事もあると思われます。基本的には長期投資には損切りなしなのですが、例外があります。

  • 外貨保有国の政治や社会情勢が著しく変化した場合。
  • 取引会社の業績が著しく悪くなっている。
  • 取引会社の経営ビジョンに興味がもてない。
  • 取引会社に犯罪的行為、もしくは金融庁からの勧告・警告があった。

こんなケースが出てきたら損切りを考えたほうが良いかもしれません。
証券会社であれば、無配当・業績悪化・無関心の3拍子が揃ったら、損切り検討スタートです。

Copyright © 2010 FXで外貨投資|外為業者の比較 All rights reserved